トップはかめ速やで

かめ速 「その時袋が動いた」!火葬直前に少女が復活-中国

|| « || かめ速 || » ||

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 |

「その時袋が動いた」!火葬直前に少女が復活-中国

1 :飼育係φ ★:2007/06/08(金) 19:32:04 0
http://www.recordchina.co.jp/imgout.php?m=2&img=cfp388573909.jpg


2007年6月8日重慶市で、火葬場の梁さんはレコードチャイナのカメラマンの取材に対して、
5月27日の驚きの出来事を語った。
「もし後1分遅かったら、少女は私に焼却されちゃってたよ」

27日、午後4時火葬場から40キロ離れた村で17歳の少女が病気で死亡したと診断された。
少女の遺体が火葬場に運ばれた午後5時40分ころ、梁さんは、少女の遺体を焼却炉の前に運び、準備を開始。
用意が終わり、少女の遺体を焼却炉に入れようとした。すると…

その時、袋が動いたようにみえた。

中国では遺体を焼却する際、専用の袋に入れるのだが、
わずかに動く袋を恐る恐る開けてみると…。 
やはり、少女は死んでいるようにみえる。
しかし、胸のあたりをよく見ると、なんとまだ呼吸しているようだ。
梁さんは急いで病院に連絡し、彼女を呼吸しやすいところに運んだ。
10分後、救急車が到着し、緊急手当を施した。
すると、一時は死んだと思われた少女は意識を回復して目を開け、
自分の名前や父の携帯の番号を答えた。
少女は、その日はさすがに一晩入院したが、特に身体に異常がなかったため、翌日帰宅した。

専門家は、彼女が食べ物を口にせず、また動かなくても、
車で運ばれている間に呼吸はしていたのだろうと話している。
梁さんは、軍隊を辞めて、火葬場で働いて7年目になる。
これまでは、遺体を運ぶことはぜんぜん怖くなかったが、
今回の事件を経験して夜がゆっくり眠れなくなったと話している。
http://www.recordchina.co.jp/group/g8692.html

20 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2007/06/08(金) 20:54:21 O
20だったら自分で自分を袋詰めし
炎の中へと投げこむ


24 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2007/06/08(金) 21:08:22 0
>>20
なかなか大変そうな作業だが、がんばってな



38 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2007/06/09(土) 01:58:34 0
死亡と診断した医者の医療ミス?
それともホントに死んだのに
中国人のあの世での評判が悪くて
あの世で受け付けてくれなくて
現世に復活したのか?www
スポンサーサイト

| ネタ | トラックバック:0 | コメント:0 |

この記事へのコメント

コメントを投稿する

Name
Comment
Submit

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク集

超オススメリンク集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。